ブログトップ | ログイン

お山遊び

11/26(土)いにしえの峠道・笹谷古道から雁戸山(前編)

新調した登山靴の慣らしを目的に、前々から歩いて見たかった笹谷古道に行ってきました。
水曜日に山登っているので軽く流すつもりでしたが、先発隊長のコジ君がフルパワー状態。
グイグイ登ります。そのまま雁戸山まで登っちゃいました。
白サンゴ状態の灌木を纏った荒々しい雁戸山が絶景でした。今回は2部構成で。

峠にある仙住寺跡。
寛永十九年(1642)伊達二代藩主忠宗公が建立したとか。先人達の避難小屋も兼ねていたんでしょうかね。
b0050305_18234889.jpg

EOS 5D MarkⅡ + Carl Zeiss Makro Planar T*2/50





今日は本格登山じゃないので、ゆっくり自宅を出発。鎌房湖で車酔いするコジ君の休憩。正面の蔵王がきれい。
b0050305_18304714.jpg


初冬らしい湖面。
b0050305_1833218.jpg


笹谷ICで通行止め。標高約500mから歩きます。ハマグリ山~トンガリ山~山形神室の稜線が結構白いですね。
b0050305_18363246.jpg


標識を左折。
b0050305_18381482.jpg


今日は穏やかな天候。
足跡も無いし、この時期ここを歩く人はいないでしょうと、先発隊長を任命したコジ君はフリー。
b0050305_184122.jpg


斜面に埋もれそうな馬頭観音の石碑。
b0050305_18425764.jpg


途中、大きなトチの木がある。下栃があり、ここは上栃。先人達もここで休憩したのか。
b0050305_18474916.jpg


この登山靴、つま先から甲の部分と踵から足首の部分で別々に締め方を調整できる。
しかも、足首の自由度が高い。高価だったけど、理想の登山靴に巡り合えたかも。
b0050305_1934998.jpg


幼木林。
b0050305_1856585.jpg

b0050305_18563730.jpg


所々に立派な標識+解説付きで飽きない。
b0050305_1858634.jpg


先人達や馬の喉を潤したであろう「函水」、今も飲めるんでしょうかね。
b0050305_1902035.jpg


登っては下り、また登り、たまに斜面を駆け降りるコジ君。底無しの体力。
b0050305_195777.jpg

b0050305_1964273.jpg


途中、仙台神室が正面に。山頂はもう白いですね。
b0050305_19135445.jpg


ブナの2次林がいい雰囲気。
b0050305_1971579.jpg
b0050305_197224.jpg


「吹き越し」から雪が多くなる。
b0050305_19141624.jpg

b0050305_19151065.jpg


「駒泣かせ」
b0050305_1918445.jpg


コジ君、「駒泣かせ」をここ2往復。なんでなのか、よく判りません。
b0050305_19192845.jpg


平坦になってきました。峠も近い雰囲気。
b0050305_1920173.jpg


霜柱。
b0050305_19205390.jpg


途中、鉄塔路を越えます。
b0050305_19213336.jpg


仙住寺跡を越えると地蔵峠。
b0050305_19215581.jpg


この先でけたたましく吠えるコジ君の声。もしかして、熊?、カモシカ? お地蔵さんに吠えてました。
b0050305_19251133.jpg


何となくオーラを放つ優美な「鶏亀地蔵尊」、コジ君も感じるんでしょうかね。
b0050305_1929214.jpg

b0050305_19304926.jpg


おいおい!
b0050305_1931418.jpg
b0050305_19311486.jpg
b0050305_19312145.jpg


歴史を感じる峠道でした。
b0050305_1932371.jpg


ここから上は白サンゴの樹海でした。後編へ
Commented by moto-M at 2016-11-28 07:29 x
なかなか風情のある良い古道ですね。標識も新しくて良く整備されていますね。
私でも登れるかな?
Commented by lc4adv at 2016-11-28 19:04
倒木さえ無ければ、ADVEN号でも登れそうな道です。
歩くと想像より峠が近いですね。
by lc4adv | 2016-11-27 19:37 | 山・自然 | Comments(2)

バイク、登山、釣り等、お山大好き親父の日記です♪