ブログトップ | ログイン

お山遊び

カテゴリ:馬・競馬( 18 )

2014ダービー考察

今年のダービーは皐月賞上位組に一抹の不安があって面白い。

【イスラボニータ】
 フジキセキ産駆は殆どマイラー。母父はコジーンだし。
 過去グランパスドリームが3着に来たが、常識的には2000mまででしょう。

【トゥザワールド】
 兄同様に切れがイマイチ。母親もスピード持続タイプ。3着以内には来ると思うが、1着は無いでしょう。

【ワンアンドオンリー】
 明日はCコースに代わり明らかに先行有利。何でかんで逃げる馬も居ないしスローペース必至。
 極端な直線勝負で1着はあるのか?上位には来ると思うが。 

【結論&希望=レッドリヴェール】

 ・理由1
  やっと出てきたスティゴールド産駆の牝馬。
  オルフェーブル、ゴールドシップ、フェノーメノ、ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタと全て牡馬。
  世界的にも最上位の種牡馬。そろそろ世界的な牝馬が出る頃でしょう。
  凱旋門の壮行レースになるのでは?

 ・理由2
  過去、G1の舞台で牡馬と対等に戦った牝馬は、ダイナカールやダイナアクトレス、エアグルーヴ。
  最近ではウオッカやブエナビスタ。全て牡馬並みの馬体で、小柄なレッドリヴェールを不安視する声が多い。
  しかし、親父スティゴールドの3歳時は410キロ台。娘より小さい。血統的に問題無し。

 ・理由3
  心肺機能が優秀なスティゴールド産駆のベストは2,400m。陣営は狙ってますね。

【親父の雄姿】 ※当時のDobai Sheema Classicは今よりレベルが高い。


【親父そっくりの勝負根性】


対抗は上昇度でハギノハイブリッド。何倍だ? 
あとは皐月賞上位組の3連単。
当日の馬体重が鍵ですね。 
ああ、酒飲んでのキーボードは辛い。

【結果】
 馬体重が減っていたレッドリヴェールを外しました。
 皐月賞上位場の中で一番可能性があるワンアンドオンリーから流して結果◎。
 これで桜花賞、皐月賞、オークス、ダービーとクラッシック路線4連勝。今年は波乱が無いですね。
 ただ、古馬G1路線は全敗です。

by lc4adv | 2014-05-30 20:15 | 馬・競馬 | Comments(1)

玉鳴号

中山平温泉の奥にあった玉鳴号の像。
中山平温泉の南から南西方向って、避暑地として良い感じのエリアが広がっています。
昔は大正天皇に乗馬用の馬を献上したほどの馬産地だったようです。詳細はこちら
b0050305_22195197.jpg

Canon EOS 5D MarkⅡ+ Carl Zeiss Makro Planar 50mmF2.0

稀代の荒れ馬にして世界最強馬のオルフェーブルに似てますね。
b0050305_21242146.jpg

by lc4adv | 2014-04-07 21:25 | 馬・競馬 | Comments(0)

バンドワゴン

重戦車のような走りっぷり。久々に面白い馬が出てきました。
父はホワイトマズル。非SS系です。去年の皐月賞馬ロゴタイプの父も非SS系のローエングリン。今年もですかね?
昔セイウンスカイというマイナー血統の逃げ馬の2冠馬がいました。
ライバルはあのSS産駒の優等生"スペシャルウイーク"やダンシングブレーヴ産駒の超良血馬"キングヘイロー"。
当時とだぶりますねぇ。

エリカ賞の逃げは本物。


菊花賞を逃げ切っちゃったセイウンスカイ。

by lc4adv | 2014-01-25 17:57 | 馬・競馬 | Comments(6)

騎手の一分

今日は自宅で一気読み。
凱旋門賞の前哨戦として行われたニエル賞とフォワ賞。
昨日はその両方とも日本馬が制すという、歴史的な一日でした。
反面、日本の馬産業は一強皆弱化が進み衰退の一途。
その負の部分を騎手目線で書いています。引退覚悟の遺言のような?
若いころJRAに関わった経緯もあり、興味深く読めました。

b0050305_15403682.jpg





by lc4adv | 2013-09-16 15:46 | 馬・競馬 | Comments(0)

2012凱旋門賞

最後の直線、大外からごぼう抜き、世界最強馬はオルフェーブル!
それにしても惜しい。不利な大外枠でよく頑張った。
オルフェーブルほど欧米の馬場にマッチする馬はいないと思います。
二十代は馬に関わる仕事で馬券買えませんでした。


by lc4adv | 2012-10-13 10:39 | 馬・競馬 | Comments(0)

セクレタリアト

史上最強馬「セクレタリアト」の映画です。馬好きなもので。
ちなみに「セクレタリアト」は「事務局」または「書記職」という意味で、牧場の事務を一手に引き受けたエリザベス・ハムに
感謝しつけられたそうです。

b0050305_10101539.jpg


b0050305_1010202.jpg


1970年代に活躍した、今なお史上最強馬とも言われている伝説のアメリカの三冠馬“セクレタリアト"と、当時男性社会で
あった競馬界に夢を実現するために飛び込んだ一人の女性との奇跡の物語。馬好きの人にはお勧めです。

女性ながら競馬界へ飛び込むペニー・チェネリー役にはダイアン・レイン、セクレタリアトの調教師ルシアン役には
ジョン・マルコヴィッチが好演してます。



セクレタリアトは史上9頭目、25年ぶりのアメリカ三冠馬で、三冠レース全てをレコード勝ちし、40年近く経った現在でも
破られていない驚異の記録を持つ異次元のサラブレッドです。特に三冠を達成したベルモントステークスでは31馬身差の圧勝。
タイムは2分24秒0は、従来のレコードを2.6秒短縮する大レコードで、30年以上経過した現在でもダート12ハロン(2,400m)の
世界レコードです。セクレタリアトの他に2分24秒台を記録した馬はおらず(25秒台もいない)、もはや更新不可能と
いわれることも多い。また、自らが逃げて作り出した通過ラップタイムが凄い。
400m:23秒6-800m:46秒2-1200m:1分9秒2-1600m:1分34秒2-2000m:1分59秒、日本の高速馬場
(固い野芝)並みのタイムです。死後解剖したところ、心臓の重さが普通の馬の2倍以上あったそうです。

当時のビデオがありました。出遅れ癖があったんですが、この時は好スタート。



規格外の馬、オルフェーヴルの凱旋門賞が楽しみですね。
by lc4adv | 2012-08-30 10:23 | 馬・競馬 | Comments(0)

絶景

お馬さんの名前です。
スペイン語でブエナビスタ
明日のG1阪神JFに抽選を突破して出走します。
ネットの恩恵で事前にレースをじっくり観察できるせいか人気が集中してますね。凄い脚を使います。
お兄さんがアドマイヤオーラ、早熟血統で狙い目ですが、馬場だけが心配。
明日は雨確実、午前は水泳、午後はレース観戦でしょうか。画像はこちらより。
b0050305_20485110.jpg

調教みたいなレースでした。スペシャルウイークの最高傑作かな?
馬券的には惨敗!
全く話がそれますが、このKTM640ADV、結構良い値段になってますね。
旧LC4エンジンの程度の良い車両も少なくなってきました。スペアで625SXCとか。
by lc4adv | 2008-12-13 20:51 | 馬・競馬 | Comments(6)

女嫌いのウォーエンブレム

皮肉なことに種牡馬失格のウォーエンブレムの子供が今、大噴火!
W林さんのBLOGにも書いてありましたが、今週末は以下3頭がエントリ。たぶん3頭共1番人気でしょう。
 ブラックエンブレム・・・フラワーカップ(GIII)
 キングスエンブレム・・・若葉ステークス
 ショウナンアルバ・・・スプリングステークス(GII)

このウォーエンブレム、2002年の米クラシック二冠馬で2003年からから種牡馬生活をスタートしたんですが、
好みの牝馬にしか興味を示さない?という稀有なお馬さんで、初年度はわずか7頭、2004年度はがんばって
約50頭、その後2005年度が9頭、2006年度に至っては僅か1頭と激減、2007年、2008年はついにゼロ
になった種馬なんです。
なんと今年、2004年度の種が大ブレーク。サンデーサイレンス並み、いや、それ以上の勢いですね。
自分はその中でもヴァーミリアンと異父兄弟のキングスエンブレムに期待。
ただ、スプリングステークス~皐月賞は昔かなり世話になったアグネスデジタル産駒のドリームシグナルでいきます。
↓優しい顔してますね。何となく女っぽく見える?
b0050305_17332449.jpg

by lc4adv | 2008-03-20 17:46 | 馬・競馬 | Comments(7)

G1だけ買います♪

今日はバーミヤンで夕食か?
多少重いけど、ヴァーミリアンの軽い脚さばきで1着流し!
by lc4adv | 2008-02-24 15:38 | 馬・競馬 | Comments(2)

迷いが…

バイクネタじゃなくお馬さんの話です。
今日出張中の新幹線で読んだ記事に気になるコメントが…。
あのダーレー・ジャパン前代表の高橋氏が
「半年遅生まれのロックデゥカンプは厳しいのでは?」との発言。
ダーレー・ジャパンとは、あのドバイのシェイク・モハメド殿下の事実上の日本基地なんです。
高橋氏はその前代表者で元JRA職員です。
JRA時代は諸外国から種牡馬を購入していた方です。
まぁ億単位の買い物をやっていた訳で馬を見る目は確か。
ロックデゥカンプ、なんか予想以上に人気になってまして、美味しくないですね。
人気のないドリームパスポートで勝負しようかな?と。
たぶん1番人気になるメイショウサムソンと互角以上に対戦していた馬で
有馬で復活でしょうか?
大穴は、レッドツェッペリンが復活したなら、サンツェッペリン
の大駆けか?
レッドツェッペリンの一夜限りの復活コンサート、想像以上に良かったですね。
by lc4adv | 2007-12-20 01:32 | 馬・競馬 | Comments(5)

バイク、登山、釣り等、お山大好き親父の日記です♪