ブログトップ | ログイン

お山遊び

<   2012年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

危うくひきそうになった!

立派なミヤマクワガタでした。天然物は何十年振りだろう?ほんと見ないですね。
b0050305_18585278.jpg

b0050305_190563.jpg

場所は大滝キャンプ場そば、標高1,000mぐらい。
b0050305_192115.jpg

by lc4adv | 2012-08-31 19:03 | 山・自然 | Comments(6)

プロメテウス

いやぁ~、凄まじい映画でした。
好みが分かれる作品だと思いますが、やはり巨匠リドリー・スコットの映像美は凄い!
ヒロインの考古学者に「ミレニアム」3部作でリスベット役のノオミ・ラパス。
SFでも「ドラゴン・タトゥーの女」張りの迫真の演技でした。
アンドロイド役に今、乗りに乗っているマイケル・ファスベンダー。はまってます。
女性監督官役にシャーリーズ・セロン。あっさり死んじゃうのがちょっと残念。

内容を題名に例えると、「エイリアン・ビギンズ」もしくは「エイリアン・ファースト・ジェネレーション」ですね。

b0050305_805623.jpg
b0050305_811030.jpg
b0050305_811852.jpg
b0050305_813941.jpg



by lc4adv | 2012-08-31 15:04 | 音楽・映画・絵画 | Comments(3)

今年最初のキノコ採りツーリング

狙いはこいつ、アカヤマドリ。昨年は時期が遅かった。画像(↓)は2011年9月10日。
b0050305_13303971.jpg


今年は去年より約10日早く採りにって行ってみたが。。。
まずは途中の定義で軽く食事。名物「三角揚げ」。いつの間にか店が立派になってました。
b0050305_1333239.jpg


三角揚げと豆腐、新メニューの豆乳を試してみた。豆腐、豆乳は今回だけでいい感じ。
b0050305_1334446.jpg
b0050305_13341393.jpg
b0050305_13342185.jpg


腹を満たして現場へ。アカヤマドリ、出てましたが、まだ小さいですね。あと一雨、二雨欲しい所。
既に人が入っているようで、斜面の1本は採られた感じでした。
b0050305_13374634.jpg
b0050305_13374076.jpg

by lc4adv | 2012-08-30 13:40 | 山・自然 | Comments(0)

セクレタリアト

史上最強馬「セクレタリアト」の映画です。馬好きなもので。
ちなみに「セクレタリアト」は「事務局」または「書記職」という意味で、牧場の事務を一手に引き受けたエリザベス・ハムに
感謝しつけられたそうです。

b0050305_10101539.jpg


b0050305_1010202.jpg


1970年代に活躍した、今なお史上最強馬とも言われている伝説のアメリカの三冠馬“セクレタリアト"と、当時男性社会で
あった競馬界に夢を実現するために飛び込んだ一人の女性との奇跡の物語。馬好きの人にはお勧めです。

女性ながら競馬界へ飛び込むペニー・チェネリー役にはダイアン・レイン、セクレタリアトの調教師ルシアン役には
ジョン・マルコヴィッチが好演してます。



セクレタリアトは史上9頭目、25年ぶりのアメリカ三冠馬で、三冠レース全てをレコード勝ちし、40年近く経った現在でも
破られていない驚異の記録を持つ異次元のサラブレッドです。特に三冠を達成したベルモントステークスでは31馬身差の圧勝。
タイムは2分24秒0は、従来のレコードを2.6秒短縮する大レコードで、30年以上経過した現在でもダート12ハロン(2,400m)の
世界レコードです。セクレタリアトの他に2分24秒台を記録した馬はおらず(25秒台もいない)、もはや更新不可能と
いわれることも多い。また、自らが逃げて作り出した通過ラップタイムが凄い。
400m:23秒6-800m:46秒2-1200m:1分9秒2-1600m:1分34秒2-2000m:1分59秒、日本の高速馬場
(固い野芝)並みのタイムです。死後解剖したところ、心臓の重さが普通の馬の2倍以上あったそうです。

当時のビデオがありました。出遅れ癖があったんですが、この時は好スタート。



規格外の馬、オルフェーヴルの凱旋門賞が楽しみですね。
by lc4adv | 2012-08-30 10:23 | 馬・競馬 | Comments(0)

山形は旨い

結果的にグルメ・ツーリングになってしまった。山形は旨いんだな。

最近定番の東根・東亭の肉そば。待たなくても座れて量が多い。黙っていても「大盛ありますけど?」と声がかかる不思議な店。

b0050305_204011.jpg


日本海の魚が旨い。イカ天にするか、銀ガレイにするか迷って、イカ天注文。
b0050305_204419.jpg


締めは定番の岩ガキ。鳥海山の伏流水が育んだプリプリの食感が堪りません。
b0050305_2075091.jpg


キャンプ場の夜景を撮ろうと持ち込んだデジイチでしたが、起きたら朝でした。しかし、暑かった。
b0050305_20124494.jpg
b0050305_20125138.jpg
b0050305_20125828.jpg

by lc4adv | 2012-08-28 20:14 | 美味い | Comments(10)

久々のキャンプ・ツーリング

暑かった。浴びるようにビール飲んで撃沈でした。翌朝の風景。場所は鳥海山麓の西浜キャンプ場。
詳細は後日。
b0050305_2041484.jpg

by lc4adv | 2012-08-26 20:05 | bike(KTM640) | Comments(10)

くろがね温泉

先週は法事と同級会で地元・福島。軽いトレーニングと湯治を兼ね、くろがね温泉に行ってきました。
安達太良山はなんと33年振りです。
6:45に奥岳をスタートし、8:15に小屋到着。「温泉入れますか?」と聞いたら、10時からでした。残念!
ここは岳温泉の源泉になります。開湯は平安時代だとか。
b0050305_13133198.jpg

b0050305_13145520.jpg

b0050305_13144383.jpg


別の日に行った安達太良山。ゴンドラリフトができ、凄い人でした。
b0050305_13203335.jpg

b0050305_13343744.jpg

b0050305_13203987.jpg

b0050305_13213061.jpg


湯川渓谷。
b0050305_13205861.jpg
b0050305_1321756.jpg
b0050305_13211573.jpg


懐かしいバイクもありました。
b0050305_13215595.jpg


最短ルートのゴンドラリフト・コースと昔からの奥岳コースを歩きました。
奥岳コースは随分変わってましたね。勢至平ってもっと草原ぽかったような?木が伸びてました。
やはり塩沢温泉から沢沿いを歩くルートが一番好きですね。
by lc4adv | 2012-08-25 13:32 | 山・自然 | Comments(6)

朝日連峰 気まま歩きday4:下山

日時 :8/11(土)
ルート:大朝日小屋→鳥原山→朝日鉱泉→カブ90で泡滝→仙台

下りは当初原生林が残る御影森山ルートを考えていましたが、少々疲れが残っていたため、
水の確保の容易な鳥原山ルートに変更。

いつもの朝の風景。
b0050305_961083.jpg


いつもの眺め。
b0050305_96221.jpg


銀玉水で水を補給。
b0050305_97921.jpg


鳥原山から大朝日岳の眺め。
b0050305_971812.jpg


鳥原山手前で大きな一物がふたつ。かなり前の物ですね。
b0050305_972446.jpg


今回歩いたルート(赤線)。カブで朝日鉱泉から泡滝までが遠かった。できれば朝日屋辺りで一泊したい所ですね。
稜線を歩いていて目立ったのが青線の三面(みおもて)ルート。相模山を含む大きく野生的な尾根が印象的でした。
b0050305_973187.jpg


やはり朝日は秋ですね。相模山の画像はYAMAKEIより。
b0050305_973887.jpg

by lc4adv | 2012-08-16 09:31 | 山・自然 | Comments(5)

朝日連峰 気まま歩きday3:なぜか大朝日岳はいつも晴れる

日時 :8/10(金)
ルート:以東小屋→大朝日小屋

今回のハイライト、以東岳から大朝日岳までのルンルン稜線歩きです。

以東岳から見る朝日連峰の素晴らしい展望を期待して、ジャスト4時に起床。
しかし、小屋の外に出ると、残念ながらガス状態でした。
時折上空には薄っすら青い空が現れます。ガスが流れることを期待して出発しました。

以東岳からの下り。晴れていれば一面お花畑でしょう。登山道の崩壊が進んでいて迷いそうになります。
b0050305_1739146.jpg


以東岳直下の砂場になぜかカタツムリ。色が独特です。
b0050305_17404215.jpg


竜門山の下り辺りからガスが流れ、稜線が見えてきました。
登山道脇のスペースから写真を撮ろうとしたら、足元にホカホカの一物。今日の朝かな?
こんな所にも居るんですね。
b0050305_17482158.jpg


寒江山~竜門山辺りは一面お花畑でした。
b0050305_18163513.jpg

面白い形状の花。びっしょり濡れてます。
b0050305_1745499.jpg
b0050305_1746076.jpg
b0050305_17461248.jpg

b0050305_17525092.jpg


西朝日岳の登り。ここから急に晴れてきました。歩いてきた稜線が見えます。
b0050305_17562354.jpg


西朝日岳の頂上に出ると、正面に大朝日岳が現れます。
b0050305_17585578.jpg
b0050305_17591274.jpg


西朝日岳頂上から急降下。途中のニッコウキスゲが綺麗でした。
b0050305_1802994.jpg


月山頂上も雲の中。
b0050305_1814189.jpg


中岳に登るとガスが晴れ、遠くに以東岳が見えてきました。よく歩いてきたなぁ。
b0050305_1831057.jpg


なぜか大朝日岳に来るといつも晴れます。相性抜群!
b0050305_1832577.jpg
b0050305_1834630.jpg
b0050305_1834159.jpg


名水・金玉水の雪渓。
b0050305_1845882.jpg


金玉水で洗たくして無事小屋に到着。
b0050305_1855547.jpg


夕日はいまいちだったかな?
b0050305_1864763.jpg
b0050305_186416.jpg
b0050305_187435.jpg

左に鳥海山、右に月山の両横綱。
b0050305_1865858.jpg

b0050305_1875297.jpg

昔の記憶通り、小さなアップダウンが多く、結構疲れました。高一以来、約35年振りの縦走でした。
by lc4adv | 2012-08-15 18:15 | 山・自然 | Comments(6)

朝日連峰 気まま歩きday2:以東岳はガスの中

日時 :8/9(木)
ルート:大鳥池・タキタロウ山荘→オツボ峰→以東岳→以東小屋

朝のタキタロウ山荘と大鳥池。良い天気だ。
b0050305_6572661.jpg
b0050305_6574419.jpg


時間はたっぷりあるので、直登コースではなくオツボコースを選択。
いきなりブナ林の急登になります。朝日に来たぁ~って実感。
しかし、30分足らずでブナ林を抜け、灌木帯に出ます。前日稼いだ標高差に感謝。
対面にどっしりとした山容の以東岳が現れます。以東小屋もポツンと見えますね。水場が遠そう。
b0050305_7221226.jpg


反対側には綺麗な池塘。山が綺麗です。
熊が出そうなローケーションだったので、カメラを出してしばらく休憩。
b0050305_724367.jpg

残念ながら出なかった。
b0050305_7244813.jpg


下を見降ろすと大鳥池。ディープ・ブルーが神秘的です。
b0050305_7262234.jpg


森林限界を抜けるとお花畑。このコースは気持ちいいですね。
b0050305_7302678.jpg
b0050305_7302889.jpg
b0050305_7305346.jpg
b0050305_731333.jpg

b0050305_7331333.jpg

秋の花、竜胆も。
b0050305_73519100.jpg


三角峰付近で水を補給。キックステップで降りました。
b0050305_7342646.jpg
b0050305_734401.jpg


オツボ峰で休んでいると、見る見るうちに深いガスに覆われました。ここからは視界10mぐらい。
以東岳はガスの中でした。顔が疲れてるな。
b0050305_7381372.jpg


この状態で稜線歩きは余りにももったいない。
今日は以東小屋に泊まり、明日の眺めを期待することに。
b0050305_7404370.jpg


まだ昼前でしたので、以東小屋は管理人さん(女性)だけでした。
もしかすると、キヌガサソウを案内して頂いたマウンテン・ソング・ブックさんの山友の方かなと思い、雪のウサギの方ですか?
と伺うと、やっぱりそうでした。世の中狭いですね。
午後になると以東岳~大朝日岳を往復してきた男性(管理人さんのお友達)も加わり山談義。
同じ志向の人は話が合います。ここでワインを1本空けてしまった。
管理人さんは明日下山するそうです。今日食糧を食べ切るということで、普段山では食べれないフルーツや
野菜等々を御馳走していただきました。ありがとうございました。

夕方近くになるとガスが切れ始め、山でしか見れないと思う不気味な夕日を堪能。泊まって良かった。
b0050305_7552191.jpg
b0050305_7552993.jpg

夕日に浮かぶ大鳥池。さて、明日の天気は?
b0050305_756684.jpg

by lc4adv | 2012-08-14 08:06 | 山・自然 | Comments(10)

バイク、登山、釣り等、お山大好き親父の日記です♪