ブログトップ | ログイン

お山遊び

熊食堂

秋保奥の大旗山方面が熊の巣になっているというmorinoさんのblogを拝見。
午前中に用事を済まし午後から入ってみました。
このエリアは廃道のラビリンス状態。秋保奥の大倉山と並びコジ君の放牧場になっています。
過去の記録は、。蕃山や戸神山と違い、ここは人が居ません。

1年振りの鈴ヶ沢林道。コジ君、爆走です。
b0050305_21273376.jpg

EOS 5D MarkⅡ + Carl Zeiss Makro Planar T*2/50

大堤から大旗山を目指しましたが、コジ君が大堤奥の沢を渡りません。ここはリードをつなぐべきでした。
時間も遅いし、雪も結構深い。諦めて林道を散歩してみると、川向いの山に熊棚がぽつぽつと見えます。
昨年秋、船形山系のブナ林から熊が消えました。里山まで降りていたんですね。
残念ながら、レンズは広角ズームと50mm単だけ。写真は撮れず。
諦めて車で戻る途中、なんと道路脇のクヌギに熊棚。まだ枝の折れ方が生々しい。
このエリアは熊の食堂になったようです。因みに一山越えると秋保小があります。
b0050305_21301654.jpg

EOS M2 + EF-M11-22mm F4-5.6 IS USM

More~
# by lc4adv | 2017-01-14 22:10 | 山・自然 | Comments(4)

蕃山ブナ街道

コジ君がどうしても山に行きたい~と懇願するんで、雨が止んだ午後2時頃から蕃山へ。
新年の参拝は白滝不動尊。
b0050305_214823.jpg


さすがに今日は誰も歩いていない。暗くなってきたブナ街道からUターンしました。
b0050305_2163331.jpg

EOS 5D MarkⅡ + Carl Zeiss Makro Planar T*2/50

More~
# by lc4adv | 2017-01-09 21:18 | 山・自然 | Comments(0)

北泉ヶ岳

下見にお付き合いしてきました。
もう何回も歩いているルート。下見の必要は無い思うんですが・・・雪山に行きたい気持ちは判ります。

朝は予想外の晴天。しかも無風。滅多にない好条件でした。そして、ななんと男性より女性が多い。
Y先生のラッセル教室。
b0050305_19345610.jpg


北泉ケ岳のブナ林。癒されますなあ。三叉路の上です。
b0050305_1936373.jpg

EOS M2 + EF-M11-22mm F4-5.6 IS USM

More~
# by lc4adv | 2017-01-08 19:50 | 山・自然 | Comments(6)

ガルモント・ブレンタGTX 11年目の復活(ソール交換)

2007年正月に購入したGARMONT BRENTA GTX、この靴とは長い付き合い。
近場用に引退させるつもりでしたが、2015年に購入したLOWA TREKKERの耐久性が非常に不安。
たった2シーズンでランドラバーがボロボロ。ソールより先に逝きそうです。

昨年10月まだまだ革の状態が良いClassicalなGARMONTのソールを交換し復活させることにしました。
既に購入した仙台の登山店は廃業。ICI石井に持ち込んだ所、修理可との事。
輸入元はキャラバンだったんですね。念のため見積もりを取った所、なんと17,000円。
随分とぼるなあ~と思いましたが、この種の登山靴を今買うと5万円超します。
例えばスパルパのシェルパは¥51,840、ハンワグのベルゲルは何と7.4万円、ベルゲラーは5.4万円。
泣く泣くお願いすることにしました。12月半ば取りに行った登山靴を見て納得。
出し縫い部分から下が全て新品になっていました。職人さんの技ですね。見事に復活していました。
b0050305_20104847.jpg


ソールはVibramのロッチャ。
b0050305_2012714.jpg


アッパーはアンファビオレザー。丈夫です。出し縫いは自分でコーキングしました。
b0050305_20124013.jpg


なんとルーマニア製だった。
b0050305_2013954.jpg


てかてか2兄弟。
b0050305_2014819.jpg

EOS 5D MarkⅡ + Carl Zeiss Makro Planar T*2/50

修理前
# by lc4adv | 2017-01-05 20:24 | 山・自然 | Comments(4)

里親募集中(KTM640ADV)

あと数年で還暦、流石にこの荒馬を乗りこなす気力が無くなってきました。
暫く乗るつもりでリニューアルしましたが、元気な方に譲りたいと考えています。
ダカール・ラリーで一世を風靡し、KTMの歴史を作った660 Rallyの公道バージョンと言えるマシンです。
水冷4st 625ccシングル・エンジンに29Lの巨大タンク(25.5L+リザーブ3.5L)、半乾燥重量158kgと
今時の名前だけのアドベンチャー系バイクとは別物。真のアドベンチャーバイクです。
こんなバイクはもう出ないと思います。

2016年夏の蔵王にて。
b0050305_12524032.jpg


b0050305_12525472.jpg


■車両 KTM 640 LC4 ADVENTURE
■年式 2004年式ワンオーナー
■購入 2004年9月 フロンティア
■車検 平成30年9月30日
■走行距離 メーター読み(約49,500km)+約300km ※北海道でメーターのワイヤー故障のため
■価格 30万円(車両10万+リニューアル費用20万 *1) *1:詳細は最近の整備記録参照
    市場価格は40万前後ぐらいだと思います。
■改良 ①キャブレターセッティング(メインジェット 152.5 -> 160、アイドリングジェット 45 -> 47.5)
    ②アクラポビッチ・サイレンサー(純正) ③ハンドル2cm Up ④カーボン・タンクガード
    ⑤リアケース・ベース(GIVI) ⑥バニア・ステー(純正) ⑦ハンドガード
■付属品 ①スペアキー ②ノーマルマフラー ③ハンドガード(純正) ④ミラー(純正に交換)
     ⑤タンクバック(純正) ⑥プラグ(デンソウ・イリジウム) ⑦マニュアル一式
■タイヤ フロント:T63、リア:DUNLOP D908RR ※F/R共4部山ぐらい
■保管状態 カーポート屋根付きに2重カバー(綿+バイクカバー)で保管
■外観 小傷、塗装剝れ多数ですが、まだ艶は有ります。
    おそらく外観上一番気になる箇所はフロントリムの捲れだと思いますが、
    走行上は全く問題ありません。車検も数回通しています。
    最近、Fカウル装着用のステーが片側(1/3ヶ所)折れました。機能的には問題ありません。
■最近の整備記録(出費が多かったもの) 
   旧LC4エンジンは一部ヘッド周りにベアリングを使用しており、約4万キロ前後で寿命を迎えます。
   そこは交換済みです。
   LC4エンジンの整備はこのBLOGが一番信頼できる情報だと思います。
   前後スプロケ、チェーン、プラグ交換・・・約39,000キロ
   ロッカーアーム、カムシャフト交換、その他オイル漏れ等全て修理(KTM埼玉)・・・約4.3万キロ
   前後サスOH(テクニクス)・・・44,400キロ
   持病のウォーターポンプシャフトシール(俗称:カフェオレ現象)だけ未経験です。  
■売買方法 ①興味がある方は「非公開コメント」をクリックし、連絡先等を記載してください。
      ②必ず現車確認してください(現在冬眠中)
      ③個人売買は2017年3月迄と考えています。
      ④近県であれば私がバイクを運転し持参します。名義変更確認後、キーを郵送します。
      現状不具合無しですが、整備のプロではないので気付かない点もあるかもしれません。
      そのため安めの設定にしています。
 
たぶん、売れた時の正直な気持ち。


お陰様で嫁ぎ先が決まりました。ADVEN号も自分に合った幸せな晩年が過ごせると思います。

古き良き欧州エンデューロバイクの匂い
# by lc4adv | 2017-01-04 13:18 | bike(KTM640) | Comments(13)

バイク、登山、釣り等、お山大好き親父の日記です♪