Carl Zeiss マクロプラナー 50mmF2 との比較

何気ない風景でも雰囲気が出る不思議なレンズ「マクロプラナー」。
透明感のある、なだらかボケが残像となり、ファンタジーな雰囲気を醸し出します。
開放から一段絞ったF2.2が美味しい。
b0050305_19571876.jpg

ピントが薄い。これでF4です。
b0050305_19575730.jpg

オリジナル画像。
b0050305_19592803.jpg


LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0と同じアングルで。
背景のボケが違う。これもF8。
b0050305_20002865.jpg


拡大
b0050305_20005958.jpg

同じ一眼でも別物。政権交代にはなりませんな。
両方の個性を大事に使っていきたいと思います。

Commented by Clearwater0606 at 2018-03-19 21:11
結構、良い勝負のような気がします。いずれもナイスなレンズですね。
Commented by lc4adv at 2018-03-20 04:51
はい、ズームレンズでこの写りですから。
対象を忠実に撮るという意味ではライカの勝ちです。
また手振れ補正が素晴らしいです。
フォーカスをピンポイントに設定すると、自動で対象が拡大されるのは便利ですね。
EF24-105mmF4には大勝です。
マクロはマイクロフォーサーズですね。
by lc4adv | 2018-03-19 20:08 | カメラ・写真 | Comments(2)

バイク、登山、釣り等、お山大好き親父の日記です♪