カテゴリ:詫寂の宿・温泉・秘湯( 39 )

もう一泊すっぺ!
ということで思い出深い、南会津の湯ノ花温泉・民宿「ふじや」をご案内。
今回もおかずだけで満腹になりましたが、せっかく炊いたご飯も食べてと
最後特別に出て来た「ぬか漬け」が最高の味でした。間違い無く日本一です。

b0050305_20195589.jpg


徘徊する親父達。
b0050305_20201828.jpg
EOS 5D MarkⅡ + Carl Zeiss Makro Planar T*2/50


8年前の多々石林道が懐かしい。


ふじやさん






More~
by lc4adv | 2018-09-18 20:54 | 詫寂の宿・温泉・秘湯 | Comments(2)

今年は関東圏の法師温泉で開催。久々に群馬まで遠征しました。やはり遠いですね。
谷川岳登山も考えましたが、雨予報のためバイクじゃなく車で移動。浅草岳を下見してから法師温泉へ。
歌人・与謝野晶子が泊まった部屋に宿泊。重厚な梁が凄かった。最後の写真はT氏撮影をモディファイ。
b0050305_17175086.jpg
EOS 5D MarkⅡ + Carl Zeiss Makro Planar T*2/50



More~
by lc4adv | 2018-09-17 17:27 | 詫寂の宿・温泉・秘湯 | Comments(8)

オリンピック風呂

西吾妻登頂の後はロープウエー下の白布温泉でまったり。ここに来て温泉無しは違反でしょう。
今回は中屋別館不動閣のオリンピック風呂へ。ちょっとしたプールです。
しかも非常に暖まるお湯。名湯・白布温泉を再認識しました。

b0050305_2010356.jpg


昭和の宿。
b0050305_20105498.jpg


極寒の西吾妻避難小屋のトイレの窓。こことのギャップが凄まじい。極楽です。
b0050305_2012497.jpg

GRⅡ
by lc4adv | 2018-02-02 20:12 | 詫寂の宿・温泉・秘湯 | Comments(2)

へヴィなお湯に今年もノックアウトされてしまった。お湯の重さは東北一だと思います。

一際目立つ、廊下にある虎のはく製。
b0050305_19195326.jpg

GR2

ひょうたん湯は貸し切りでした。
by lc4adv | 2018-01-06 19:28 | 詫寂の宿・温泉・秘湯 | Comments(6)

秘湯

岩壁から自然に源泉が湧き出る岩風呂。今回もレトロな宿でした。
b0050305_20433021.jpg


b0050305_20431768.jpg

EOS 5D MarkⅡ + Carl Zeiss Makro Planar T*2/50

喜至楼(きしろう)を思い出す
by lc4adv | 2017-09-20 16:30 | 詫寂の宿・温泉・秘湯 | Comments(0)

2017.07.09 五つ星の自炊棟

乳頭山の下山口には秘湯・黒湯温泉。
源泉露天風呂で汗を流し、缶ビールをクイッと! 
至福の時間を過ごしました。

廊下を見れば、その自炊温泉の文化度というか成熟度が判ります。ここは弩級の照かり度でした。
b0050305_20221096.jpg


b0050305_20222363.jpg


趣きのある茅葺き屋根。
b0050305_20233731.jpg


b0050305_202349100.jpg


部屋の中には小さな囲炉裏。晩秋、囲炉裏を囲んで日本酒を一杯。最高ですね。
b0050305_20252124.jpg


実は下山途中にフライング
by lc4adv | 2017-07-13 20:30 | 詫寂の宿・温泉・秘湯 | Comments(4)

明治8年開湯の青根温泉・名号館で高校山岳部の泊まり新年会を開催。
予想以上に食事は良かったですよ。
b0050305_12214087.jpg


EOS-Mの撒き餌レンズ。1型のコンデジ買っても、結局これを使うような気がする。
b0050305_12214644.jpg

EOS M2 + EF-M22mm F2 STM

ノスタルジックな詫び寂びの宿でした
by lc4adv | 2017-01-02 12:27 | 詫寂の宿・温泉・秘湯 | Comments(6)

絶品の川魚料理

喜至楼は川魚料理も独特でした。

ほとんど湯通ししていない感じの鯉のあらい。この厚みでも小骨が無い。不思議です。
鳴子の氏家鯉店も美味いですが、味が違いますね。
b0050305_2263180.jpg


カジカの甘露煮。小学生のころ、川に潜って採った懐かしい顔。
b0050305_22152417.jpg


モクズガニ。同族の上海蟹が有名ですね。山形・最上川の名物です。
b0050305_22135658.jpg


やはり、ここは鮎でしょう。朝食の鮎の開きが一番美味かった。
b0050305_22165165.jpg

EOS 5D MarkⅡ + Carl Zeiss Makro Planar T*2/50
by lc4adv | 2016-09-21 22:22 | 詫寂の宿・温泉・秘湯 | Comments(2)

今年の山岳部ツーリングのお宿は瀬見温泉の喜至楼(きしろう)。
山形で最古の温泉建造物らしいです。もう詫び寂びを超越して明治・大正にタイムスリップでした。

いらっしゃいませ!今は使われなくなった本館の玄関にて。
b0050305_19394097.jpg


泊まった別館。昭和と大正の雰囲気でした。
b0050305_1941104.jpg


別館のピッカピカな廊下。よく見ると木材の高級感が桁違いです。
b0050305_19412250.jpg

EOS 5D MarkⅡ + Carl Zeiss Makro Planar T*2/50

もっと見ます?
by lc4adv | 2016-09-20 19:54 | 詫寂の宿・温泉・秘湯 | Comments(12)

母親の見舞いに鳴子へ。この時期に雪がほとんど無い。そろそろ地球が危ういですね。
鳴子に来たらやはり温泉。その中でも一押しの高友旅館・黒湯に浸かってきました。
北は北海道から南は名古屋までいろんなお湯に浸かってますが、ここが一番ヘヴィだと思います。
お湯から上がると、どっと体の重さを感じます。重力10%増ぐらいの効果があるんでは?

詫び寂びの温泉、特に湯治棟が好み。黒湯は混んでましたが、炭酸泉の「ひょうたんの湯」は貸し切り状態でした。
以前に撮影した黒湯はこちら
b0050305_17505614.jpg

b0050305_17554563.jpg


この渋さが溜らんですね。湯治棟を覗いてきましたが、究極の詫び寂び度でした。
b0050305_17565381.jpg
b0050305_1757040.jpg

b0050305_18112811.jpg


周辺も寂れた感200%ぐらいあります。
b0050305_17574621.jpg

EOS 5D MarkⅡ + Carl Zeiss Makro Planar T*2/50
by lc4adv | 2016-01-03 18:02 | 詫寂の宿・温泉・秘湯 | Comments(4)

バイク、登山、釣り等、お山大好き親父の日記です♪